主婦まぁみんの生活の知恵ブログ

家庭でできるシミ抜きのコツ

655 Views

この記事は約 3 分で読めます。

あきらめていたシミ抜きにチャレンジ!

生活に役立つ主婦の知恵

食事中や化粧直しのときに服にシミがついてしまったこと
ありますよね!?
そんなときでも、ご家庭で簡単にシミを落とすことができるんです。

シミ落とし(水性)
醤油や果汁などの水性のシミの場合には
水と台所用洗剤だけでシミを落とすことができます。

まず、ぞうきんをひいてシミの付いている部分を下に向けておきます。
ガーゼを用意していただき、水をつけてシミの少しまわりから
内側に向かってトントンと強くたたいていきます。
ガーゼがない場合はタオルやティッシュでも使えますが、
糸くずなどがつく場合があります。

ぞうきんにシミの色が移っていきますので、ぞうきんをずらし
きれいなところを使って何度もたたいていきます。
ぞうきんに色が移らなくなるまで繰り返しシミを移しとります。

続いて台所用洗剤(水で薄めたもの)を使い、同じように
ガーゼでシミの少しまわりから内側へ向かってトントンとたたいていきます。
洗剤の濃度はシミの濃さにもよりますが、薄めの洗剤から始めてください。

ぞうきんにシミの色が移っていきますので、ぞうきんをずらし
きれいなところを使って何度もたたいていきます。
ぞうきんに色が移らなくなるまで、繰り返しシミをうつしとります。
シミがきれいに取れたらもう一度水をつけたガーゼでたたき、
洗剤を落として完成です。

シミ落とし(油性のシミ)
口紅やファンデーションなどの油性のシミの場合には
「ベンジン」を使うといいでしょう。
ただしベンジンを使う場合は、換気や火のもとに注意してください。
またベンジンは蒸発しやすいので、容器には少量を入れ
なくなれば少しずつ足してください。

まず、ぞうきんをひいてシミの付いている部分を下に向けておきます。
使い古しの歯ブラシを用意していただき、ベンジンをつけて
シミの少しまわりから内側へ向かって、トントンとたたいていきます。
ベンジンは乾きやすいので、何度も付けながらたたいてください。

ぞうきんにシミの色がうつっていきますので、ぞうきんをずらし
きれいなところを使って何度もたたいていきます。
ぞうきんに色がうつらなくなるまで、繰り返しシミをうつし取ります。

続いて台所用洗剤の原液を使い、同じように歯ブラシでシミの少し
まわりから内側に向かってトントンとたたいていきます。
ぞうきんにシミの色がうつっていきますので、ぞうきんをずらし
きれいなところを使って何度もたたいていきます。

ぞうきんに色がうつらなくなるまで、繰り返しシミをうつしとります。
どうしてもシミが落ちないときは、洗剤の原液を直接たらし
両手でもむようにちくちく洗いを行うといいでしょう。

ただしデリケートな素材の場合は、繊維が傷んでしまうことも
あるので注意してください。

最後に水で洗剤を落として完成です。
台所用洗剤の代わりにクレンジングオイルでもできます。
やりかたは同じです。

ただしシミ抜きを始める前に、色柄物の衣類は必ず色落ちテストを
してください。色落ちテストは目立たないところへ白いタオルや
ティッシュで水や洗剤をつけて押しつけます。
もし、タオルやティッシュに色がついたときは、ご家庭でシミ落としは
出来ないので注意してください。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Facebookでコメント

è