主婦まぁみんの生活の知恵ブログ

家でもできる頑固なシミ抜き

1030 Views

この記事は約 3 分で読めます。

頑固なシミ抜きが自宅でできる!

生活に役立つ主婦の知恵

ご家庭でできる簡単なシミ抜きの方法をご紹介します。

衣類のシミ抜きに用意するもの

酸素系漂白剤・重層 2対1の割合(酸素系漂白剤2、重層1)・クエン酸

酸素系漂白剤に重層をいれてよく混ぜる。酸素系漂白剤に重層をいれる
ことにより、アルカリ成分が多くなって酸素系漂白剤がパワーアップします。
衣類の下にシミを吸い取るタオルをひいてください。シミの上から酸素系漂白剤と
重層を混ぜた洗剤液を使い古しの歯ブラシなどでつけていきます。
そのままではアルカリが強いのでクエン酸少量を少しの水でといて、先ほどの
洗剤液の上からつけて中和させていきます。これを繰り返して、後は洗濯すれば
シミはとれていきます。

 

ソース・醤油・ケチャップなどのシミ

ソース・醤油・ケチャップなどが服についたときは、まず服の表面に
ついたものをつまむようにとっていきます。
次に、表面に油の膜をはっているので、台所用洗剤を少しつけて
つまみ洗いをしていきます。一度シミの部分を水で洗います。
この時点でほとんどのシミはとれていると思います。少し残ったシミには
最初の酸素系漂白剤と重層の洗剤液とクエン酸のシミ抜きを繰り返します。

 

ボールペンが衣類についたときのシミ抜き

ボールペンのインクがうっかり服についてしまったことってありますよね?
その時はタオル上にシミがついた部分を下に置いてください。
シミの付いた裏側に手を消毒するジェルをつけます。
この消毒液に入っているアルコールがボールベンのインクを下のタオルに
移します。ジェルタイプを使用した方がシミが広がらないですよ!
歯ブラシを使ってシミの上をたたいていきます。そうすると下のタオルに
インクがうつっていくので、うつらなくなるまで繰り返します。
最後に台所用洗剤をつけてつまみ洗いをしてください。

 

口紅やファンデーションがついたときのシミ抜き

口紅やファンデーションが服についてしまったときは、その上から
メイク落とし(クレンジング)をつけてこすり洗いをしてください。
その上から台所用洗剤をつけてまたこすり洗いをします。
次に水につけて汚れを落としてください。

家庭にあるものでほとんどの汚れのシミ抜きができるんですね。
でも時間がたつとなかなかとれなくなりますから、汚れがついたときは
早めの対処をおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Facebookでコメント

è